消費者金融の借金には時効があるの?

レイクは30日間無利息でキャッシング可能な人気のカードローン!新生銀行の商品ですので安心ですね。レイクの審査や借り方を詳しく紹介していますので是非ご利用ください。

消費者金融の借金には時効があるの?

消費者金融の借金には時効があります。

ただ、消費者金融からお金を融資してもらったときに、個人で融資してもらったか、会社で融資してもらったかによって時効の期間は大きく異なってきますので注意が必要となります。

まず、個人で融資してもらった場合の時効の期限ですが、融資してもらった日から10年間となります。

消費者金融からお金を融資してもらうと、何かしら利息がつくため、返済額は融資してもらった金額よりも大きくなってしまいます。

金額を返済していなくても、国が定めた期限を過ぎると返済しなければならないという権利がなくなることを時効といいますが、10年とう期間は短いようで長いかもしれません。

返済できない場合は夜逃げを繰り返している人もいるのが現状です。

次に会社で融資してもらった場合ですが、この場合の時効は、個人で借りたときの時効期限10年の半分、つまり5年間になります。

もちろん利息はつきますし、何かしら収益をあげることができれば、自然と返済しなければなりません。

時効は最悪の場合に適用される処置であって、本来借りたお金は、自分、または企業の判断で融資を受けたのですから返すのが義務であることを忘れないようにしましょう。

キャッシングについて